<< 『キンダーブック じゅにあ』2月号 の「うたってたいそう」ページを担当しました。 | main |
ヤマハ楽器店『ピアノの本』 3月号

 

『ピアノの本』 Piano Communication Magazine

No.257 3月号が出ました!

 

今年の『ピアノの本』の表紙のテーマは

「自然の中の音や、身近なものの奏でる音を感じよう」です。

 

はじめましての1月号の次は、春の音です。

2月に春分を迎えて3月になっても、まだ寒さが残り

春爛漫!という季節はまだ少し先の気がする季節ですが

自然の生き物たちは、活動を開始しています。

 

 

 

3月になると、春を呼ぶ鳥として有名な鳥たちが美しい声を上げはじめ

早い開花の花たちの活動を察知して、ミツバチも蜜集めをスタートさせるようです。

4月5月の最盛期に向けて起き上がってくる時期ですね。

 

表紙では、(左から)オオルリ、ウグイス、メジロ、ウソに

登場してもらいました。

彼らは早い時期から、声を聞かせてくれる鳥たちです。

 

風に乗って少しずつ流れてくる季節と季節の音を感じて

厳しい冬の緊張がほっと溶けてくれたらいいなと思って描いた絵です。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お仕事のイラストレーション&デザイン

| NEWS | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sachikos9.jugem.jp/trackback/213
トラックバック