<< 『「話す・聞く・書く」でアクティブラーニング!』 | main | 「話す・聞く・書く」でアクティブラーニング! (1) 1・2年生 自分のことばで、じこしょうかい >>
教育関連の記事など読んで

 

 

最近、子どもの教育関連のことを調べていて

ざっくりこんなかんじ?と思うのは、

 

テクノロジー側から人のリアル部分の生き方や働き方が変わり、

それで自分がどう在りたいかも変わっていく。

 

AIやロボット技術で人の働き口はなくなるかもしれないし

これまでの職業の一部をAIに担ってもらえる分

もっと人らしい力の部分を発揮していくスタイルになるのかもしれないし

また、子ども達は今の世の中には存在しない職業についている人が多くなっているかもしれない

 

仕事に拘束される時間が減り、

自分がなにが好きな人なのか、

何をすると楽しく誰かのためになるのか、

周りの人へ、世の中へ・世界で・地球環境のために…etcに自分は何をしたい人なのか

自分で考えてそれを叶えることができるようになっているのかもしれない。

 

厳しいのかもしれないけれど、

子どもの目線で見たらAIなどを使いながら仕事をして、

やりたいことに挑戦してみたり、おもしろいことをしている人がたくさんいるようになっているなら

楽しそうな風景でもある。

 

私自身はなにをやってみたいかな。

今は、日常の身の回りにあるものを洗い直したら・よく見たら

こんなにおもしろいことがあった、というテーマでなにか作りたいかな。

 

子どもの前では不安にならずに楽しんで考えよう〜。

 

 

| Graffiti | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.sachikoshibasaki.com/trackback/203
トラックバック