<< HOME展のHOME・1 | main | オープニングパーティ〜 >>
HOME展のHOME・2
本日はHOME展2日目です。
今日は大きく描いた2軒の"HOME"をご紹介させていただきます。



「木の家」
 
ねむーいリス。
長い冬の山形にも春がきますが、その短さにびっくりします。
東京の春よりずっと短い。
春が来てもまだ夜は寒い日が多いし。

そんな中で、つかの間のあたたかい日が訪れた”HOME"を描きました。
そういえば、けいとが、お母さんのぜんぶの絵の中でこのリスが一番好きと
評してくれました。
複雑です。



「Welcome to our home」
 
タコが手招きしている”HOME"です。
 
子どもとたくさん動物番組を見たこの3年。
考えられないような力と知恵で生き抜く生き物達を見てきました。
美しくおもしろい姿の彼らの存在が嬉しかったので、
そんなかんじで描きました。
 
私が子どものころよりも、
生き物達のことを知ることができる技術や研究が進んでいたのですね。

動物もとまどったり迷ったりする姿を見せ
矛盾した行動をとることもあったり、
失敗ばかりのところから練習を積み重ねていく様子を見たりしました。

 
自分の目では一生見ることもない生き物達も
同じ時、同じ空気の中で生きているんだと実感して、
人間も彼にとって良い隣人でいられたらと思います
 



 
| NEWS | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.sachikoshibasaki.com/trackback/168
トラックバック