<< 「HOME 展」に参加します。 | main | HOME展、明日からです。 >>
HOME展 Pater's Shop and Gallery

HOME展にむけて

これまで、いろいろな個性の子ども達と接して
子ども達の姿を描いていく中で、
私が個人的に気に入った子どもとの向き合い方は、

子どもの小さな興味関心を大人の常識や価値観で割り切らずに
尊重すること
それがどこかに向かうのかどうかを先読みせず、
打算的な期待をかけずに先行きを信じて
彼らの歩みを待つこと
結果を焦らないこと。

です。
そして今年は、この子どもにしていること(できてない時もあるけれど)を
自分にもしてあげようとした一年でした。

これは子どもにするよりも、自分にする方がよほど難しい。

今やってることは無意味そうだし、
ぜんぜん時流にのってない感じだし、
でもその「だし」の後に続けて文を終わらせる言葉は何なんだろうって思ったり。
こんなことをしていてどこかへ行けるのかなって、そんなふうにどこかへ行く欲が出ちゃうし。


そんな日々を過ごしながらHOME展への作品を8点描きました。

建築物としての家というニュアンスの " house " に対して、
" home " は家庭や故郷のように、そこに住む誰かの息遣いや想いを含む言葉かなと思って
それをテーマにしました。

ギャラリーに並べて見るのが楽しみ。
いつも部屋に並べるのとまるで違って見えて、おもしろい。
他の作家のみなさんの絵も早くみたいな〜。



 

| NEWS | 02:53 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://diary.sachikoshibasaki.com/trackback/164
トラックバック